アドセンスやペラサイトのキーワード選定は洗い出しが出来てないからライバルが強い!

 

 

あなたのキーワード選定、何処で終わってます?

 

「neilpatel」とか「サジェストツール」に入れて検索して終わってませんか?

 

「だとしたら甘い!甘すぎる!」

 

もうね、一番徹底的に時間をかけるべきがキーワード選定なんですよ!

 

キャッチコピーも広告選定もその次で良い!

 

内部SEOとか学ぶのもその次で良いし、そもそもキーワードがあるから商品が売れるわけです。

 

現状のペラやサイトアフィリエイトは

 

「キーワードから始まるアフィリエイト生活」

 

なわけです!それぐらいキーワードは重要です!何なら一か月使っても良い!

ペラサイトのキーワード選定は予想も視野に入れるべき

 

 

ただし漫画の最後のドメインパワーの話はペラサイトでは出来ません。記事数の多いブログ等のケースです。

 

記事をコツコツ更新して増やしていけば、いずれドメインパワーも強くなり、雪だるま式に強くなっていると言う事。

 

最終的にはスモールキーワードレベルであれば記事の左側に入れるだけですぐに上位表示されるドメインパワーの強いブログになる事も…

 

しかしペラサイトはそうはいきません。

 

新商品戦略であれば、まるで予言者のように、キーワードを先読みし、狙う必要があるわけです。

 

わかりやすい事例が新商品で、新商品であれば新しいキーワードが登場します。

 

そういう商品の関連キーワードを予想し、使っていけば爆発的にアクセスが来る事もあるでしょう。

 

だから、そういう事も含めてペラサイト戦略は難しいのです。

 

じゃあ逆に、アドセンスサイトのキーワード選定は簡単なの?

 

「アドセンスサイトのキーワード選定」つまり商品名を気にしなくて、意識しなくていいキーワード選定の事ですね。

 

「neilpatel」辺りで検索して調べてみるとわかりますが、ライバル少な目ですね。

 

よく聞く「病気関連」「地域イベント」「格闘技」系のキーワードもまだまだボディーが「がら空き」です。

 

で、その中でも注意点があるのが、検索ツールを信用しすぎると失敗するわけです。

 

「お、検索ツールで見たらライバル少ないやんけ!狙ったろ!」

「あれ…なんで上位表示せえへんのや…おかしいやろ」

 

となる確率80%越えで、何故ならツールだけじゃ足りないからです。

 

「キーワードの洗い出し作業」は数日から一週間かけても良いほど重要です。

 

キーワードがライバル不在かどうかは本当に慎重に調べましょう。

 

「知恵袋が上がってたら上がりやすい」

「無料ブログがあったら上がりやすい」

「allintitle:」つけて検索したらライバル少なかった

「1位~5位のサイト見たけど質も低くて行けそうだった」

 

と、都市伝説からガチな情報まで全部やるべき。

 

方法はまだまだあって書ききれませんが、あなたの知ってるパターン全部試してください。

 

それがキーワードの洗い出し作業で、一番重要な部分です。

 

これらも全部キーワード洗い出しの部分で必要な事です。

 

おそらく「ライバルいないところ狙ったのに上がらないなぁ…」

 

って人はこのキーワード洗い出しをちゃんとやっていない。

 

自分だけが勘違いして、実はライバルが1000も10000もいるような激戦区を狙っている可能性があります、それもぺラサイトでね。

 

それじゃ何十年たっても上がりませんよ!絶対に!