上級者向けASPってなんだ?

 

 

ここでの「上級者向け」とは「アフィリエイトをした事が無い初心者の方と、楽天、アマゾンなどの商品数の多い場所以外のASPすべてに言える事です。

 

「楽天、アマゾン」は知名度が圧倒的で、商品数が多いわけです。

 

もちろん、アマゾンや楽天しか選択肢が無いわけじゃありませんよ?

 

でもね、商品数が他より多く知名度が高いという事は、上級者向けASPで勝負するより初心者でも勝ち目があるわけです。

 

アマゾンや楽天じゃ月10万稼ぐのも難しいんじゃ…?

 

 

実際は「そうでもない」と言うのが答え。

 

商品数が圧倒的と言う事は客の方も「ここなら何でも揃う」と思ってるわけです。

 

言い方は汚いですが「ネットショッピング中毒」の人もこういう場所に集まりやすい。

 

通販を利用しなければ生きていけない立場の人もいるでしょうし、私自身アマゾン中毒みたいな状況だった時期あります(笑)

 

で、そういう人って一気に爆買いするんで、かなりの金額になりますよ。

 

例え水をアフィしていたとしても、そこから大量の飲料水を買われれば、金額は倍になりますし。

 

アフィリエイトにとって何よりも「知名度があって売れやすい」ってのは初心者も上級者もよだれが出る現象です。

 

商品数が多いと言う事は「気付かせてあげるだけ」で売る方法もあり、これが実は一番簡単です。

 

「喉から手が出るほど欲しくてたまらない人」の前に「ここに商品があるよ」と教えてあげるだけで…それで売れるのも結局知名度と商品の取り扱い数が圧倒的なASPだから出来る事です。

 

これを中小ASPでやると「あれ?商品リンク出来ねぇ」「商品AはあるのにBが無い…」って事になったりして混乱する事も…

 

結局そんな手間を考えると初心者こそ楽天やアマゾンなどの大きいASPを使うべきだと思います。

 

別に何も小さい所やクローズドASP使うなって意味じゃありませんよ?

 

アマゾンと楽天のような大手ASPとアドセンスが「これからの人」の独擅場になりそう…

 

これはまったくの個人的な予想の範囲内の話で、何の確証も無いので当てにしないで下さい。

 

ただ「商品数が多く新商品が現れやすいASP」つまり新しい商品名キーワードが生まれるASP。

 

こういうところが今後、初心者にねらい目のASPの気がしています。

 

アフィリエイターの多くが勧めるASPに登録し、いきなり初心者がFXや株や、ファッションや健康食品や、ペットや家電などの記事を書けますかね?

 

一番簡単な方法は買って、写真に撮り、レビュー記事を書くのが確実です。

 

だいたい1つ買ってよく観察すれば、100記事以上のブログなら量産出来るようになれます。

 

FX口座開設ならまず自分で作ってみる、ゲームならまず遊んでみる。

 

ポイントサイトなら自分で登録してやってみる。

 

と言う感じで自分で使ってみた独自の感想が重要となってきます。

 

しかしそれが出来ない人は、既に自分で使って遊んだ記憶がある商品をアマゾン、楽天で探して記事を書いた方が早いのです

 

あなたの人生の中で使った品で、今も売れているものがあれば、まずはそこから記事を書いてみてもいいかも知れません。

 

ただし、キーワード選定、キーワードの洗い出しはしっかりとやった上でね。

 

「5つのNOT」って知ってますか?

 

「5つのNOT」はセールスレター関連で出てくる言葉です。

 

  1. 開かない
  2. 読まない
  3. 信じない
  4. 行動しない
  5. 理解しない

 

これ、全部LPを見たとき壁です。

 

アフィリエイトの広告をクリックした先のセールスページなどにある5つの壁です。

 

次にアフィリエイトをするブログに必要な部分はと言いますと。

 

  1. 読まない
  2. 信じない
  3. 行動しない

 

この3つの壁です。アフィで売るにはこれらを突破させる必要があります。

 

本来セールスライティングの話やコピーライティングの話で出てくる用語ですが、ここで長々としてもあまりメリットは無いのでアフィリエイトのみの話をします。

 

この3つの部分で、厄介なのが「信じない」「行動しない」です。

 

「読まない」の壁に関してのみであれば、「コピーライティング」でユーチューブやブログを検索すればすぐに「読まれる文章」の書き方を教えてくれる情報に出会う事が出来ます。

 

しかし「信じない」は簡単に言えばブロガーが信じられないか、販売サイトが信用できないと言う事。

 

特に販売サイトが信用できない壁は、有名なサイト、楽天やアマゾンを使えば普段使ってる人であれば「販売サイトが信用できない壁」をぶち壊すことが出来ます。

 

「行動しない」と言う部分に関しても、だいたいの理由は「くそ長いLPを上から下まで見せられた挙句、個人情報書いて登録して送って貰う」って部分で「面倒くさい」と止まるわけです。

 

しかし、既に登録しているであろうアマゾン、楽天であればこの壁も関係ないわけです。

 

既にアカウント登録しているわけで、何度でも注文しているから、注文する事に慣れています。

 

大事なのはリンクを踏んでもらうだけで、売り込むのではなく、ごく自然に、知らないうちに踏ませて誘導してあげるだけです。

 

売り込む必要も無ければ、優しく「ここにありますよ」と教えてあげるだけでいいのです。

 

逆に読者から「アフィカスめ」と思われるほとんどの人は、売り込んでいるうえに、嫌われるような誘導をしたり、余計なことを書いています。

 

本当に上手い文章の人の記事って「絶対にこいつからアフィリンク踏まないようにしようw」とか悪意に満ちた感じで挑んでも、うっかり踏まされてますからね。実際。